Photo
ブログ

どうなる日本・どうなる世界・どうなる宇宙

今日本の日経平均株価は大きく値を下げ27000円を切り、円安も相変わらず進み、日銀が24年ぶりに円買いドル売りを行い為替介入したがその効果はあまりなく、市場原理には勝てない状況が続いている。物価は高騰し、この傾向は多分に便乗値上げの感が強い...
ブログ

国葬

先日、エリザベス女王の国葬がウエストミンスター寺院で執り行われた。その模様はイギリスのBBCを通じて全世界にライブで放映され、40億を超える人々が視聴したとの事。日本でもNHKで放映され、その様子を目にすることが出来た。500の国と地域から...
ブログ

懲りない香山くん

先日の事だった。 いつもの時間帯に志澤塾を出、自宅に向かった。姫路バイパスから播但道を経由し、福崎インターを過ぎ中国縦貫道に入ると、大型のトラックが前を走っていた。あまりにゆっくりしたスピードなので追い越した。すると、突然後方に赤いランプ...
ブログ

ゴルフ講座

5年ぶりくらいに志澤塾の講座の一環として、ゴルフレッスン講座を開催した。 場所は山崎にある「八幡ゴルフセンター」で、講師は「田尻みか」プロである。時間は午後三時から午後五時まで。総勢9人が参加して行われた。 田尻みかプロについては、私の...
ブログ

ヒロミ・GO

先日郷ひろみのコンサートに妻と二人で出かけた。チケットは長男夫婦が我々の金婚式を祝ってプレゼントしてくれた。たつの市の赤トンボ文化ホールで執り行われ、その座席1100席はもちろん完売で立錐の余地もない。オープニング曲《2億4000の瞳》で始...
ブログ

帰燕抄

『帰燕抄』は私の誇れる友人の一人である「土方公二」氏が初めて上梓した句集の題名である。師である井上弘美女史の冒頭の序文は心温まる懇切丁寧な解説で、私のような無知な凡人にでもよく伝わった。彼の根底に流れる優しさ、清涼感、望郷の念、また正義感が...
ブログ

我が娘について

娘がウィーンに移り住んで四半世紀が経過しようとしている。小学低学年の頃、地元のお寺の住職が主催していた少女合唱団に入団し、その催しの一環としてオペレッタ、確か白雪姫を演じたのをきっかけに、音楽に興味を持ち声楽への道を歩みだした。彼女が仕入れ...
ブログ

稲盛和夫氏を悼む

稲盛さんの訃報が報じられた。 土光敏夫氏と共に私が最も尊敬する唯一の経営者である。氏の略歴について私が今更とやかく言うつもりはない。 氏の経営哲学は簡単明瞭である。 《入りを多くして出を少なくする》である。そしてその手法は『アメーバー...
ブログ

旧・統一教会、現「世界平和統一家庭連合」についての私見

いま世間を最も賑わしている宗教団体が、旧統一教会・世界平和統一家庭連合である。1954年朝鮮半島において、文鮮明がキリスト教の教えを根底に、その教えを守ることで家庭が幸せになり、夫婦の絆も深まり、やがては子供たちの未来が輝くと説いた。安倍氏...
ブログ

時代は進歩しない変化するだけ

今、IOTを無視しての生活は考えられない。典型的なアナログ人間である私でさえも無理である。ヤフー検索とWordしかできないパソコン。電話とラインとグーグルと、最近覚えたペイペイくらいしか使えないスマートフォン。でも無いとなると不便である。今...
ブログ

車番

亡くなった父親の車番は、5678だった。生存中に本人から聞いた訳ではないが、右肩上がり、末広がりの8、八幡の8という意味と願いが込められていたのではないかと推測される。 最近よく目にする車番は、《2525》。どういう意味かと尋ねてみれば、...
ブログ

最近最も感動した事

最近最も感動したのは、なんといっても《堀江謙一》氏の太平洋小型ヨットでの単独無寄港横断である。8,500kmの大海原を、たった6m足らずのヨットで、しかも83歳という年齢での快挙である。氏は60年前23歳で太平洋を同じように単独無寄港で横断...
タイトルとURLをコピーしました